Logo
サムネイル

息子の仮住まいが、 自宅より居心地のいい空間に

こだわりポイント

和室の畳や床を剥がし、壁をぶち抜いて、建築当時の昭和感漂う暗い印象だった築50年近くの3LDKを明るく開放的な1LDKへとフルリノベーションした。リビングには間仕切り壁を設置し、奥様が寝泊まりできる小さなベッドルームも設けている。「本当はコンクリート剥き出しの壁で、男性っぽい感じがSQUAREらしいテイストなんでしょうけど、キレイめにしていただきました」という言葉通り、クロス張りの壁で天井も白く塗装した上品な空間に仕上がっている。 リビングには間仕切り壁を設置し、奥様が寝泊まりできる小さなベッドルームも設けている。「本当はコンクリート剥き出しの壁で、男性っぽい感じがSQUAREらしいテイストなんでしょうけど、キレイめにしていただきました」という言葉通り、クロス張りの壁で天井も白く塗装した上品な空間に仕上がっている。

DATA

大阪マンションナチュラル/アンティーク・ヴィンテージ/カフェ/インダストリアル/ミッドセンチュリー/アメリカンカントリー/その他
    リノベ箇所
    フルリノベーション
    完成時期
    2022年03月
    延床面積
    69.86平米
    設計
    株式会社スクエア
    施工面積
    69.86平米
    施工
    株式会社スクエア
    間取り
    3LDK→1LDK
    家族構成
    家族(子供2人)
    築年数
    50年

BEFORE

画像

AFTER

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リビング

和室2部屋の壁をぶち抜いてリビングを拡大し、テレビを掛けられる間仕切り壁を設置。 天井にベタ付けではなく空間をつくり、スリットも設けて圧迫感を軽減。エアコンの風がベッドルームまで届く空調面も考慮したデザイン。

    画像
    画像
    画像
    画像
    画像
    画像
    画像

リノベの背景

今回手掛けたのは、京都に通学する息子さんのために購入したマンション物件。 奥様曰く「最初は簡単なリフォームの予定でしたが、SQUAREのモデルルームを拝見するうちにどんどん夢が広がって。結局フルリノベーションをお願いしました。最初の予算を随分オーバーしましたが、悔いは無し!(笑)」とのこと。 「息子のための部屋なのに、私が住みたいくらい快適」だそう。「息子もすごく気に入っていて、友達が泊まりに来ることもよくある」のだとか。 実は、物件購入直後にお母様の病気が発覚。「母が元気なうちに、なんとか仕上げてほしいってお願いして。随分頑張って工期を早めてくださったんです。おかげで母に見てもらうことができ感謝しています」と奥様。「いつか、箕面の自宅もSQUAREで素敵にリノベーションしたい」と夢はさらに広がっているご様子。好きな家具に囲まれて過ごす、ここでの時間を楽しんでいる。

このリノベ会社の事例

心フルわすリノベーションを
リノベに役立つメールマガジンが届いたり、
リノベ会社選びに役立つ機能や情報が満載!